忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先月、ぼんぼり祭りを観に鎌倉へ行ったとき、レンバイでとうとう見つけた♪
青唐辛子たち。
買うとき、おじさんに「コレ、ししとうじゃないけど、いいの?辛いよ?」と念を押されたが、コレでいいのだ。

ふふふ。
だって「柚子胡椒」を作るんだもんね〜♪
ずっと前の、飛田和緒さんが最初に出した料理本で、その季節ごとにこんなのを作ってますっていうのがあって、柚子胡椒もそれに出てたの。
でもなかなか、青唐辛子を買うチャンスに恵まれず、何年も経っちゃった(^^;)



まずは水洗いして、ヘタと種を取って刻む・・・・んだけど・・・・
なんだかだんだん・・・・

だんだん・・・・

ヒリヒリしてきた!!

目はしみて開けてられなくなってくるし、指先がなんだかヒリヒリってか・・・

痛い!!

ううう。
青いからシシトウと同じイメージで、油断した!!
いくら青くても、こいつら、れっきとした唐辛子なんだっっっ!!(><;)

最後にすり鉢ですったけれど、あんまり細かくできなかったわ〜・・・
だって指先が痛いんだもん(T^T)
しかも、うっかり触った顔までヒリヒリしてきた・・・←あほ。

とりあえず、塩を入れて、ラップにくるんで冷凍庫へ。
今度青柚子を手に入れるまで、しばらくお休み下さいまし、ってことで。
オソロシイことに、指先のヒリヒリは、2日間取れませんデシタ(泣)

いや〜、これ、ビニール手袋とゴーグルでも付けないと大変だわ、こりゃ。
昔の人はいったいどうやって仕込んだんだろう?



そして次は、ようやく青柚子。
スーパーだと、1個200円近くするのでなかなか買えずにいたけど、バイト先で秦野の市場で仕入れたのを分けてもらった♪
葉っぱが付いてて新鮮!
そして、5個で100円なり〜(#^m^#)



青柚子は、皮の部分だけ、白いとこを付けないように剥いて、これまたひたすら刻み、すりばちでする。
今度は辛い心配ないから楽しかったなあ(笑)
いい香りだし♪



冷凍していた青唐辛子のペーストを出して、塩と、すった柚子と混ぜ合わせて完成!
ちょっとなめてみたら・・・・

か、辛い!

市販のとはあきらかに辛さが違うけど・・・・(^^;)
だ、だいじょぶかな。。。

まあダンナが帰ってきたらちょっとなめさせてみよう♪
いや、決して、毒味役ってわけじゃありませんから!
イイワケっぽいけど、ウチのダンナ、辛いの大好きなんですよ?
(こないだはカラムーチョ探しに、夜中にコンビニ4件回ったらしい)

ほんとは瓶に入れて保存したかったけど、翡翠みたいな色合いがもったいないので、タッパーで冷凍することにした。
これから湯豆腐に鍋に大活躍すること間違いなしだね!

柚子の中身は、色々考えたけど、柚子ポン酢にしてみた。
とはいえ果汁がほんのちょっぴりなので、出来上がり100ccもないよ☆
というわけで、夕飯は豚しゃぶ〜♪
PR


昨日は、神奈川近代文学館の後、ご近所の美人マダムとデートの約束をしてたの♪
ほんとは本牧で待ち合わせだったのだけど、あまりに暴風雨だったため、マダムが車で元町まできてくれた。

で、こちらのサイトで話題に出てた悟空茶荘に行くことに☆

そう、水曜日は区愛美ちゃんのライブがある日なのだ!

彼女とは、私がまだ中華街に働いているとき、悟空茶荘に初めてライブを聞きに行って以来、彼女との、ある不思議な?共通点がきっかけでお話をするようになり、さらにその後、共通の友人がいることがわかったりして、三人で飲みに行ったり、カラオケにご一緒したり・・・←ひゃあ贅沢〜!!(笑)
そんなこんなで、今ではライブに行くと親しくおしゃべりさせてもらっているワケで(^m^)

初めて愛美ちゃんのライブを聞いたとき、それまでフェイ・ウォンの歌が大好きだった私は、「こんなに近くにこんなに素敵な歌手がいたんだ!」と、びっくりしたのデス(笑)

なんかね、彼女の囁くような歌声は、いつ聞いても本当に美しくて、しっとりと、でもしっかりと身体の中に入ってくるようで、中国茶を飲みながら聞いているととっても安らいだ気持ちになるの。
そしてライブが終わった後は、疲れてた頭が、スコーン!と抜けたような爽快感があるんだよね。

彼女については、一緒に聞いて大感激してくれていたマダム・シュール・リーさんがいろいろ書いてくださってるので、ぜひそちらも♪
愛美ちゃんの可愛らしい笑顔も、バッチリ撮れてますよ〜☆
私が撮ったのは、ボケてて失敗しちゃったから・・・(T^T)


夕方4時からのライブが終わってから、私たちのテーブルでちょっとおしゃべりしたんだけど、愛美ちゃんが「今年の夏は『フルーツ酢』で乗り切った」と言う。
さくらんぼをお酢とお砂糖で漬けて、水で割って一日に数回飲んでいたら「ココが割れたの!」と、それはそれは細い身体の、腹筋あたりを指さすではアリマセンか!
マダムと私、二人して「えええ〜っっ!?」と、おもわずどよめく(笑)
そして作り方を根掘り葉掘り聞く(^^;)

「果物は、私はさくらんぼだったけど、何でもいいの。
梅酒の要領で、お砂糖入れてお酢入れて。漬けた翌日から飲めるよ」

まあ、愛美ちゃんのように細く美しくなれるかは別として(笑)、まだまだ蒸し暑い今日この頃。
汗っかきの私には、クエン酸たっぷりのドリンク、いいじゃありませんか♪

「私もやってみる〜!」と、宣言した帰り道、生協に寄ったら、愛知産のブルーベリーが、運良く?半額になっていたので、早速買って帰り、ブルーベリー酢を仕込んでみた。
ブルーベリーを、水洗いして水分を拭いて空き瓶に入れ、甜菜糖をかぶるくらい入れ、ウチにあった生協の米酢を注いで終わり。
ううむ、簡単だけど、こんなでいいのかな?

そして本日。
台風が近づいて、雨はざんざか降ってるし、とにかく蒸し暑くってちょっとヘロヘロしながらバイトから帰ってきた。

どれどれ〜、できてるかな〜?と、瓶をのぞくと、甜菜糖はすっかり溶けて大丈夫そう♪
さっそくコップに氷を入れて、ブルーベリー酢を入れて、水で薄めて飲んでみた。

おお、確かに酸っぱいけど、美味しい!
なんかスッキリするよ〜!
もうちょっと置くと、酢がなじんでまろやかになってもっと美味しくなるかも☆

新しい楽しみを教えてもらった愛美ちゃんに多謝多謝♪
それから雨の中、帰りも送ってくれたマダムに、多謝多謝〜♪
朝から大雨。

しかもバイトは休み。

ダンナも休み。

洗濯も無し。

そんな日は、夢の国にいるのが一番のシアワセ・・・・・

なのですが。

冷蔵庫の中から、

「おおおおおおーーーーい、早くしてくれよお」

「腐ってもいいのかああああ」

という、声にならない声というか、オーラが漂っていたりする。

ああ、めんどくさいなー。

でれえん、と仕方なく起き上がって、台所へ。

食パンにジャムを塗ってかじる朝ごはん。

窓の外は相変わらず大雨。

カミナリまでなりだした。

どこも行けない。

よし、今日はとことんヤツらを始末することに決定する。



ゆうべ近所の八百屋で買った、鳥取産のらっきょうを剥いて塩漬けを作る。
一昨年の梅酒の梅の実だけ茹でこぼして、甜菜糖で煮詰めて煮梅を作る。
エノキダケでウチの定番、ナメタケを作る。
もう季節も終わりですっかり安くなってたイチゴでジャムを作る。
こないだ京都物産展で買った、細か〜いちりめんでちりめん山椒を作る。
昼ごはんに、シソじゃこ入り激辛ペペロンチーノを作る。
おやつ用に、アップルシナモンケーキを焼く。

作ってると、どんどんテンションが上がっていって、
「あ、これも作っちゃえ」なんて、はかどるはかどる。
すべて終わったらもう3時。
外はさっきまでの雷雨がウソのようにカラッと晴れ上がっていた。

明けましておめでとうございます。
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.