忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



にっきせんせいから、ダンナ様のお弁当を入れるくらいの皮のバッグ作ってくれる?、と注文いただいたのは、春の小もの市の頃だから・・・・・

かれこれ1年前!?

えー?!私の作ったのなんてヨレヨレですよ?!いいんですか?
ええと、はい、じゃあちょうどいい皮があれば・・・なんて言ってはいたものの。

・・・どんだけお待たせするんだよ・・・・(ーー;)


サイズは伺ってはいたけれど、色や大きさがどうか、もしお気に召せば、ということで先日の密談時に半分出来上がったバッグをお見せしたのだけど、もうすでにせんせいは代金を用意して下さっていたのだった!(汗)


作り方としては、カッターで裁断して、縫うための穴を目打ちであけ、皮用の糸で手縫い、というシンプルなこと、この上なし。
しかし、この穴がちゃんとあいてないと、針が通らず四苦八苦するはめになり、針がバキッと折れたりするので、穴あけが一番大事なところかも知れない。

最初にダンナに作った皮のミニバッグは、もっと薄手の皮で、持ち手も一枚仕立て。
縫い目もひどいもんだったし、出来上がりはほんっとにヨレヨレ(笑)

その後、他のバッグや、小銭入れおサイフも縫ったので、多少は上達している・・・ハズ?(汗)
持ち手も持ちやすく丈夫にと、二重にして縫ってみた。

そして、お稽古のマダムに、運び番をお願いしてやっと納品したのはつい先日。

画像を撮るのを忘れたワタクシ(←バカ!)、いつでもいいので、と、にっきせんせいにお願いしておいたんだけど、焼き菓子倶楽部で超忙しいのに、すばやく、しかもステキに撮って送って下さりました〜♪
す、すみません、本当に(T^T)

ようやくせんせいの手元に届いたバッグは、りらっくまたちに大歓迎されてる模様。
はぁ〜、よかった♪

PR


いつも手作り市などでお世話になっている、カフェ・ニルソン

こう言っちゃなんだが、店自体、バスなどの通る大きい通りから路地を入ったところにあるのであまり目立たない。なので、大通り沿いに看板を置いたらどうかということで、多少ご恩返しになるかと思い、半月ほど前から、看板作りのお手伝いをしてきた☆

看板の部分は、水彩などを描かれる方はご存知と思う、水張り用ボード2枚。
これに、アイボリー色の耐水性スプレー式絵の具をまんべんなく吹き付け、下地作り。
これがねー。
冬場なら1時間程度と書いてあったのに、天気が悪いせいか、2時間経っても3時間経っても乾かない。
あきらめて、翌週まで持ち越しということに・・・(^^;)



翌週、いよいよアクリル絵の具で文字と絵を描き入れる。

だいたいこんな感じかな、と、定規で計り、マスキングテープで留めて軽く下書き。
それから絵の具を溶いて・・・・
当たり前だけど、紙に描くのと、木のボードに描くのと、全然感触が違って面白い♪

左下には、yukariさんリクエストにより、「ボールで何かを泡立てる女のコ」を描く(笑)
いつも彼女は、水色系のバンダナをしているので、そんな感じで☆
回りには、ジャムやパン、タルト(のようなもの)を配置してみた。




そうして絵や文字を描いた2枚のボードの上を、蝶番で留め、ボードの両端に木材を打ち付け、ようやくなんとか看板らしきものが完成!

しかし、それだと軽くて少しの風で飛んじゃいそう、ということで、レンガをくくりつけたそうで、今日、やっとデビューと相成った次第でございます(笑)




画像は、ニルソンの本日のごはん「きのこのオムライス」

今日は夕方、珍しくこちら方面に遊びに来たカヲさんから呼び出されたのだ。
飲まず喰わずでお昼過ぎまで寝ていたので、夢中でオムライスを食べていたら、またもカヲさんに「休みの日でも、ちゃんと食べる時に食べなきゃダメでしょ!」と、叱られる(><;)
うへーい。




ずっと前、買い物にでかけると、たいてい雑貨コーナーで、バッグと財布を見てた。

なぜかというと、なかなか気に入ったものに出会えなかったからだ。


形が可愛くても、使い勝手が気に入らない。

使い勝手が良いけど、あんまり可愛くない。

可愛くて使い勝手も良さそうだけど、値段が可愛くない・・・・(ーー;)


そんなこんなで、買ったバッグや財布は数知れず・・・・

まあ、せいぜい5000円くらいまでのものしか買ってないんだけど、ちりも積もれば、と考えるとねえ。



しかし、ここ数年は、街中でバッグは買わなくなっちゃった。

自分でも作るようになったし、友人たちの手作りバッグがお気に入りだからね♪



ただ、財布だけはどうも今ひとつ気に入ったのが見つからず、お正月になるとデパートの新春セールでなんとかまあこれならいいか、なんてのを探しては、不本意ながらも使っていたお財布ジプシーだったわけ☆


ところが、やはり手作り好きの友人たちが作った皮のお財布がすごく可愛くて♪

ちょうど良さげな皮が手に入ったので、私も試しに作ってみたの。

とはいえ、取りかかるまでそうとう時間かかったんだけどさ(笑)




型紙に合わせて、皮を裁断し、縫い目の穴を開け、一枚の皮に、もう一枚の皮をはさんで、手で縫う。

脇の、ヒダを寄せて縫うところが、合計3枚の皮を合わせて縫うので、かなり大変!(><;)

いやはや、指が痛くなったよ・・・・

マグホックを付けて、消しゴムはんこで模様を付けた皮を貼って、やっと完成♪


お金やカードを入れられるところは3ヶ所しかないシンプルな形。

奥にカード、真ん中に二つ折りにしたお札、手前にコインを入れて、フラップを閉じる。

コインが横から落ちて来ないか、試しに下に向けて振ってみる。

おお、大丈夫だ〜♪

とはいえ、カードもあまり入らないので、何枚かのカード以外は、ちゃんとカードケースにしまうことにした。

シンプルな分、いろいろ制限もあって使いづらいかな?と、思ってたけど、どうして、なかなか使いやすかったのは予想外。

縫い目は荒いけど、自分で作っただけに、可愛さ100倍で大満足(#^^#)

というわけで、ようやくお財布ジプシーを卒業することができたのでした〜!


友人ebiebiちゃんが、皮を使っていつもステキなバッグや小物を作っている。
で、いいなあ、ちょっと私も縫ってみるかといろいろ買ってみては、財布?バッグ?う〜ん、何を作ろうと悩みつつ、結局不良在庫になっていた皮。
そろそろ発酵しちゃうんじゃないかと思ったりしていた(笑)

そんなある日。
今までずーっと手ぶら(ポケットに全て入れてしまうので)出勤だったダンナが、スタバの紙の手提げ袋に、ハードディスクやら書類やらなんやら、いろいろ入れて通勤するようになった。

今だけかな?なんて思ってたら、なんだか毎日使っていて、帰りには缶ビールなんかも入ってたりする。

毎日使うなら、バッグを作ってあげるよ、と言いつつ、はや何日(笑)

そしてダンナ愛用の、スタバの紙バッグは、とうとうこんなんなっちゃった!



ううう。
これじゃAボーイ通り越して、○ームレスのひとだ・・・(ー▽ー;)

そこで、在庫の皮を引っ張り出してきて縫うことに☆
おっさんが布のバッグじゃ、どう考えてもラブリーになり過ぎだしね(笑)

スタバの紙バッグの大きさがちょうどいいらしいので、それに近い大きさで裁断。
なんだよ、オーダーメイドだよ(笑)

まずは裁断した皮の端っこに、ひし目打ちで縫い目となる穴を開けておく。
それから、皮専用の針に通した麻糸でちくちくヌイヌイ。
ほんとはちゃんと両側から糸を通して縫うらしいけど、ま、いいか☆(^^;)
穴を開けてあるので、簡単に針が通り、意外なほどさくさく縫える。

皮は、布と違って端の始末がいらないのでとても楽だよ、とebiebiちゃんに言われていたけど、ほんとだね〜♪
手順も楽だけど、気も楽だ〜(笑)



そんなこんなで、ひと晩で出来上がった皮のトートバッグ。
一応、ちゃんと立つけれど、初めてなので、縫い目も荒けりゃ、切り口もよっく見るとまっすぐじゃなかったりなんだかヨレヨレ(笑)
まあでも、あのボロボロの紙袋よりは丈夫なハズ(^^;)
それでも喜んでくれたダンナ、さっそく荷物を入れて出社したものの・・・・

そんな日に限って帰りは大雨だったり(笑)
「皮が〜!拭いて拭いて!」と、おお慌てで帰ってきた。

だいじょぶだいじょぶ、怒らないからさ〜(笑)
いいじゃん、シミもいい感じになるよ〜きっと。

うん、皮も実際縫ってみると、やっぱり面白いな〜。
今度は何作ろっかな♪


はい、最後の盛岡ネタです。
もう少々おつきあい下さいませ(笑)

さてみなさま、旅行に行った後、地図や持って帰ってきたチラシやショップカード、入場券など、どうされてますか?

今までの私の場合、旅行から帰ってきたらそういった諸々を、ガイドブックの中に挟み込んでとりあえずは取っておく。
でも後で見直すこともあまりなくて、そのまま取っておくか悩みながらも、結局は捨ててしまう、ってパターンが多かったのね。

なので今回は、うちにあったノートを一冊と筆記用具を持って行って、「旅ノート」を作ることにしたのでした☆

まずは行きの新幹線の中で、出発時間などを書き込む。
旅館に到着し、まずはお茶を飲みながら、買ったものや値段、ちょっとしたエピソードを忘れないうちに書き込んでいくワケです。
盛岡の観光案内所でもらった地図も、帰ってきてから切り貼りしてみた。



そんな感じで、温泉から戻って寝る前のちょっとした時間をまた利用して、旅館で出たお茶菓子の包装紙やら、手作り村のパンフやら、宿のパンフから切り取った部屋の写真なども、ひと言添えつつ、どんどん貼ってしまう。
カヲさんはいつの間にか、横でくーかくーか寝息を立てている(笑)



翌日も、いさみやでランチを待つ合間とか、可否館でお茶したときとかも、ちょっちょっと書いたり貼ったり。
絵だけ描いておいたり、文章だけ書いておいたり、その時々にできることを忘れないうちに、ってのがけっこう重要なのだ!



家へ帰ってきた後、文章を書き足したり、色を塗ったり。
それから写真も現像して、このノートに貼ってしまう。
コメントを書いて、おこづかい帳のページも作って、旅の記録がだんだん完成していくのが楽しい♪



旅ノートを作るために持っていったのは、このヒトたち。
ミニセロテープ、スティックのり、シャーペンにミニ消しゴムにミニハサミ。
これを大きめのペンケースに入れて☆
それから、忘れちゃいけない色鉛筆!
みんな今回はすごく働いてくれたよ〜♪

実はね、今までの旅行でも、スケッチブックと色鉛筆を持って行って、旅スケッチをしようと試みたことはあったのね。
そうすると、ちゃんと「スケッチ」しなきゃ、みたいなへんな気負いが出て(^^;)
でも旅先だからコシを落ち着けて描けないし、って感じで、結局全然ダメ。
しかもスケッチブックってさ、いい紙だからちゃんと絵を描かないともったいないって気がするしさ〜。←貧乏性f(^^;)

その点、小さなノートなら、絵を描いても、文章書いても、レシート貼ろうがパンフ貼ろうが何でもオッケーでしょ♪
失敗して破いちゃっても、あまり精神的ダメージが少ないから気楽なのさ☆(笑)



カヲさんいわく「すんごっく嬉しそうに」カフェカルテで、ノートを書いているワタシ。
えへへ。だってホントにシアワセなんだもん、こういう時間って。
こうして私が書いている間、カヲさんは、ボーッとのんびりできて、それはそれでいいのだそうだ☆



南部煎餅の「白沢せんべい」の包装紙をカバーに貼って、とうとう完成♪
旅行中から作り始めて、帰宅して思い出しながら書いて、こうしてノートを作ったこと自体も、想い出の一部になるわけで(#^^#)
そして、今後もときどき取り出して眺めては、ひとりニマニマすることでしょう(笑)

というわけで、これから旅行に行くときは、ノートが必需品になりそうなのだ☆
明けましておめでとうございます。
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.