忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



先月の福寿シネマで上映された、「天空の草原のナンサ」という、モンゴルの遊牧民族の家族の生活を描いた映画。
そのときは体調不良のため観に行けなかったのだけれども、横浜キネマ倶楽部主催で、横浜美術館のレクチャーホールでも上映するというので、元町の高橋書店で前売りチケットを買って行ってきた。

バイトを終え、まだ時間があるので、これも観に行っておきたかった「シュルレアリスムと美術」を先に観ることにする。
大好きなマグリットとデルヴォーに、久しぶりに再開し、ドキドキする♪
昔々、デルヴォーの原画観たさに、ひとりでベルギーへ行ったこともあり。
あの絵の前に立つと、今居る時間も空間もすべてなくなる感覚。
何も考えずに、ただ感じたままでいることを許される心地よさ。

キリコや、ダリ、ミロ、クレー、マックス・エルンスト、アンドレ・マッソン、イヴ・タンギーなど、思ったよりもたくさんの作品が展示されていて、ううむ、これはもっとゆっくりできるときに来ればよかった、と、ちょっと後悔(^^;)


さて、「天空の草原のナンサ」は、すっっっっっっごく私好みでした(笑)
ナンサという6才の女の子と、その妹と弟、お父さんお母さん。そして犬。
本当の家族の日常生活をそのまま映して作った、半ドキュメンタリーだそうだ。
そしてリンク貼ってある(ドイツ語だけど)のを見て頂けるとわかると思うけど、モンゴルの草原がもう・・・美しいの!

6才の少女が、たったひとりで馬に乗り、お母さんに羊の放牧を任されていたり、高い崖の上とかも馬を連れて躊躇せず登っていたり。
お母さんが、小さい妹にさらに赤ん坊くらいの弟をまかせて、戻るのが遅い長女を、迎えに行ったり。
それがココでは普通なのだろうとは思うけれども、私からすると、ちょっとハラハラし通しだったけれど、その強さに、じわりと胸を打たれた。

草原には、都会にある娯楽的なものは何もなく、そのかわり、動物や植物、広大な空も星も、たくさんのものがあるのだ。
それからとても深い絆を持った家族も。

細かいところを観ていると、さらに興味深い。
お母さんがチーズを作ってる手順とか、手回しの(!)ミシンで民族衣装であるデールを縫っているところとか。
そうそう、祭壇にはダライラマの写真が飾られていて、お母さんが「オムマニペメフム」と唱えていて、ここはチベット仏教なんだ〜!と思ったこと。
プラスチックのヒシャクや、選挙カーが出てきたり、モンゴルも変わりつつあること。
でも、一番面白いと思ったのは、引っ越しのために遊牧民族の家である、ゲルを分解していくところかなあ!
だいぶ前に、椎名誠の映画でやっぱりモンゴルを舞台にした映画を観たけれど、それ以来、興味を持つこともなく、私はモンゴルに関してはほとんど無知だったということを再認識したのだった(^^;)

映画が終わり、外に出ると夜空にランドマークタワーがキラキラと輝いていた。
ココは横浜。
だけど、その上にある空は、ナンサのいる草原にも続いてるんだよな。なんて、ぼんやり想いながら帰った。
PR
うえ、ぺっぺっっ!!

耳にも鼻にも口にも砂が入って気持ち悪!

いたたた!!砂が目にも入った!!

ああもう全身砂だらけ!!

じゃりじゃりする〜!!




月一回、ZAIMで開かれる「福寿シネマ」の日。
今回の作品は、安部公房原作の「砂の女」だったんだけど、観てる間中、いや、観終わってからもしばらくずっと、上記のような感覚デシタ(^^;)

昆虫採集に砂丘にやってきたある男が、終バスを逃し、その集落の、とある民家に泊めてもらうことになるが、その家は、蟻地獄のような砂の窪地にあって、帰りたくても帰れなくなってしまうという、シュールなお話。
いや〜・・・
観終わっても、ワケのわからない怖さがじわじわとしてた。

実はワタクシ。
安部公房作品は、その昔中学生の時「箱男」を読もうとしてすぐ挫折(^^;)
なのでオトナになっても、まだ何も読んだことがなくって。
今回この映画を観て、ちょっと原作も読んでみようかな、と思った☆

なんせ、この映画、今から40年以上も前に作られたハズなのに、なんだか新鮮♪
映像はすごくカッコいいし(勅使河原宏監督、まさにアーティストですっ!!)、ええ?!コレどうなっちゃうの?!と、ハラハラし通し!
それにね、その家にたったひとりで住んでいる妖しくも不思議な女性の役が、今は亡き岸田今日子で、岸田今日子といえば「ムーミン」な私は、恥ずかしながら今回初めて女優・岸田今日子!と思いましたデス!!!

やー、なんかすごかった!!
やっぱり話し方はあくまでも小さく「ぼそぼそっ」とした感じだし、美人!ってわけではないんだけど圧倒的な存在感☆
農婦?役だから、砂まみれで粗末な服だけど、その襟合わせからのぞく胸元が異様に白くて、なんだかすっごく妖艶だし。。。。
彼女のことが、みょ〜に印象深く、ウチに帰ってからも目に焼き付いてなかなか離れてくれないのだった・・・。

それにしても。
シアワセって、自分の感じ方ひとつなんだなあ・・・。


本日レディースディ☆そしてバイトはお休み☆
観たかった「レミーのおいしいレストラン」観てキマシタ!
料理好きで、ネズミもの(○ッキー除く)好きの私にはツボ〜♪

原題は「Ratatouille」。
そうです、素朴な野菜の煮込み料理の名前っすね!
この映画の内容に、いろいろ絡んでるいいネーミングなのよ。
個人的にはそのままタイトルにすればいいのにな〜、と思うけど、お子様向けではないか〜f(^^;)

いや〜、とっても楽しめた☆
仕事に家族に、愛有り、アクション?有り。
パリの風景もキレイだし、料理も(アニメなのに)美味しそうだし!
レミーが前向きで元気なのもいい!
ん〜・・・フランス語版でも観てみたいな・・・・

しかしピクサーのアニメってちょいリアルな部分があるから、ネズミがすんごい苦手!!ってヒトにはツライかもな(笑)


そうそう、アミューズのように本編の前に上映される短いアニメも面白かったよ♪


ハワイは私にとって、いつか行ってみたいと思っているアコガレの地。
だから、以前鎌倉に住んでいるときからフラには興味があって、ココロ秘かにやってみたいな〜なんて思ってた。
だって鎌倉は、フラのお教室も、ハワイ関連の店もたくさんあるんだよね♪

でもねえ・・・「ダンス」と名の付くもんは盆踊りすら苦手なワタクシf(^^;)
ホヌ柄のプルオーバーとか、ハンカチとか、ハワイグッズを買って、とりあえず満足してましたあ〜☆(笑)
そんなワケで、この白いプルメリアのヘッドバンドは、若宮大路のショップで思わず衝動買いしたんだけど、部屋の飾りと化しております。でへへ。

なのに「フラガール」は、見逃してて・・・・思い立ってGEOで借りて、ようやくみられたよ〜!

この映画の舞台は昭和40年の福島県いわき☆
石炭から石油の時代になって、閉山の危機に見舞われている。
なんとか乗り切ろうと炭鉱会社が構想したのが「常磐ハワイアンセンター」というレジャー施設(今はハワイアンズとなってる実在のとこね)で、そこでダンサーを目指す炭坑の娘たちが、イチから必死にフラを覚えようと頑張り、そして・・・。

・・・・んもう〜〜〜・・・・
蒼井優ちゃんが、とにかくカワイイっっっっ!!!
シズちゃんも踊り上手っっっ☆
松雪・・・カッコいいっっっっ♪

で、不覚にもナミダが止まらなくなる・・・・・(T^T)

スミマセン、ベタな感想しかなくて(汗)
だけどホントにそうなんだもん♪

いいなあ、フラ。
いいなあ〜、ハワイイ・・・

そして・・・とりあえずハワイアンズに行ってみたくなった(笑)


ほんと何年ぶりかで、シネマジャックへ行く。
友人に月末まで有効のチケットをもらったのだ☆
ちょうど、以前から観たかった「善き人のためのソナタ」をやっている♪

しかしもう道もうろ覚えで(笑)
伊勢佐木町をどんどん歩いて。
このへんだったかなあ〜〜?と、キョロキョロ。
でもちゃんとたどり着いたからエライ!(^^;)

古い昔ながらの建物。
小さな受付があって、横にはお菓子やパンフが売ってて、壁にはポスターがいっぱい貼ってあって・・・いかにも昔の映画館、って雰囲気で楽しい♪
いいなあ、ココ☆

映画はね・・・・とっっても良かった!!
ベルリンの壁崩壊直前の、旧東ドイツのシュタージという、国家保安省(いわゆる秘密警察ですね)の、ガチガチに真面目な大尉が、ある芸術家たちを監視・盗聴する。
彼らの自由な、人間的な部分に、大尉は惹かれはじめる・・・・

ドキドキしつつ、切なくて・・・・
やあ〜、もう!!
最後はじんわりきてしまった(T~T)
主演のウルリッヒ・ミューエ、つい先日亡くなっちゃったんだよねえ。
まだ50代なのに。。。だから余計に。。。
この人も、実際昔、シュタージに監視されたことがあるんだそうで。。。

ほんとはこの後「ブラックブック」という、これまたドイツのスパイものと2本立てだったのだけれども、体力持たなそうなので、早々に退散(><:)

でも帰りにブックオフに寄っちゃったけどね(笑)

そしたら!!
今回は当たりの日だったわ〜!!
欲しかった月森紀子さんの「玄米菜食」と、クシガーデンのシェフの「砂糖を使わないお菓子」、それから「野菜のごはん」という、あちこちのカフェとかレストランのレシピ本が、1冊600円前後で手に入ったのですよ〜♪
ほぼ半額以下よ!
ネットのオークションでも、なかなかこの手のってすぐ入札されて高くなっちゃうからね〜(^^;)
ラッキーラッキー♪
と、ほくほくしながら帰ってきたよ(笑)

さて、明日は何を作ろうかな?

明けましておめでとうございます。
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.