忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



桜井の駅から、すんなりと臨時バスに乗れたので一安心。
暖かい車内で少々ウトウト。
目が覚めたらもう談山(たんざん)神社、終点でした☆

バスから降りたらちょっと空気がひんやり。
確かにココは山の上なのでつね〜☆

ああ、やっぱり紅葉がきれい!


蘇我蝦夷と入鹿の親子が勢力をほしいままにしていた時代。
中臣鎌子(後の藤原鎌足)と、皇太子・中大兄皇子(後の天智天皇)が、飛鳥寺で開催された蹴鞠会(今で言えば、サッカー大会か?)で、出会った。

意気投合した?二人は、この多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」となるクーデターの相談をしたわけでつね。
というわけで、後にこの山を「談い(かたらい)山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなったそうでつ。



鎌足の没後、長男の定慧和尚が、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立し、大宝元年(701)に神殿が創建されたそうな。



拝殿の内側からも、紅葉の景色が美しい。。。。
・・・・んだけど、拝殿の中に常設されている「大化の改新」の絵巻には、中大兄皇子が、蘇我入鹿の首を刎ねたところまでしっかり描いてある。

はるかむかし、そんな血なまぐさいことがここで話し合われたなんて、ニンゲンってやつは。。。。。



さあ、最後のひとふんばり、ココから飛鳥の石舞台まで、軽く1時間よ〜♪
時間も余裕だし、なんて、足はダルダルだけど、ココロはるんるんしつつ、ハイキングコースの入口へ。

道が別れていて、標識に従い、山道に入る。
ゆるいけど、登りの山道が静かに続き、山登りが久しぶりなワタクシ、だんだん息が切れて参りました・・・・

ぜいぜいハアハアいいながらも、どんどん登って行く。

ん?登って行く?


ガイドブックには「緩やかな下りが続く、所々に石仏のある静かなコース」と書いてあるけど・・・・・・・????アレ??(ーー;)

おかしいなあ、標識もまったく見当たらない、けれど、踏み跡もきちんとあるし、ハイキングコースであることも間違いないみたいだし・・・・・

そのうち、車道に出たけれど、まったく車は通らず、ヒトも通らず。
牧場の横を通ったり、明日香クリーンセンター・・・・・???



ときどき、なんだか遠くに素晴らしい景色が見られて、でも、なんかそうとう上まで登っちゃってないか・・・・?

絶対これ、違う道だよお〜!!?

車道はウネウネと、まるでイロハ坂のように、一応どんどん下って行くのだけれど、いったいこの先、どこに行きつくのか?
明日香村じゃないところに出ちゃったらどうしよう?
だんだん陽が傾いて行き、心細くなってきた。

ようやく民家のあるところに降りた頃には、暗くなる寸前。
畑にいらしたおじさまに聞いたら、やっと「通るべき道」に戻った模様。。。。

さらに15分ほど歩き、すっかり薄暗くなった石舞台でトイレを借り、通りかかったバスに拾われて、宿のある甘樫丘に着いた頃には真っ暗なのだった。。。(T^T)

とはいえ、まだ5時半。
夕飯が6時だったので、しばらく案内された部屋で放心状態でした。。。。☆(。。)



明日香村の民宿の夕飯は、今の時期なら鶏肉を牛乳で煮る「飛鳥鍋」らしいんだけど、予約のときにうっかり言い忘れてたので、普通のご飯(笑)

でも、お野菜もお米も自家製だそうで、この品数!
「おばあちゃんちに遊びに来た孫」状態(笑)
味付けも、お砂糖をあまり使ってないようで、私にはちょうどよくて美味しかったよ〜♪
お腹がペッコペコだったので、おかずは完食、ご飯はお替わりしちまったい☆

それにしても、民宿というより民泊。
お部屋のひとつはおじいちゃんのお部屋だったようだし、お風呂もご家族と一緒のようで、ご家族の使うシャンプーやら石けんをお借りし、まるでカヲさんちに遊びに行った気分だったよ(笑)
トイレだけは3つあったけど。


山の辺の道と、最後の歩きを入れて、絶対30キロ近くは歩いてるハズ。

身体はものすごーく疲れてるはずなのに、なんだか精神的に冴えてしまって、珍しくなかなか寝付かれない。

あそこで標識さえ間違わなければ、とか、ちゃんとした地図を持って行くべきだったとか、後悔と反省がグルグルと頭の中を渦巻いてしまったりして。

あとから調べたら、一応、そのコースはあることはあるんだけど、めちゃめちゃ遠回りだったことが判明(笑)

ああでも。

とにかく無事でヨカッタ♪
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
すごいなー!
んー、素敵な紅葉を見ながら『日出処天子』by山岸涼子を思い出しましたわーん。

それにしてもすごい!アタシなんか、麦田トンネルの手前から山手公園のテニスコートあたりまで登る途中でもうぜいぜい言ってますが。遭難しそうだ~とか思っちゃってるんですがあの短距離で、あれしきの山で!
30km歩き抜いたお二人に拍手です
しゅうるり@掘立て小屋にて URL 2008/11/24(Mon)09:54:45 edit
無題
紅葉が素敵~~
30キロはすごい。
ほんとに、無事でよかった、よかった。
るる♪ 2008/11/24(Mon)10:32:41 edit
楽しそう&美しい
いいねいいねぇ。
民宿もいいねぇ。ご飯おいしそうだしぃ。

風景もきれいだし、満足度もすごいだろうし、
いやぁ、美しいですね。うん。
すごい行動力に、いつも感心しております。

私は昨日・・・源氏山下るときに
足をねじって転んで捻挫しました。。。うぅ。
この違いったら! とほほほ。

なので ちーさんとこで、紅葉見て癒されます。
ブログって便利ね~♪
スー・ 2008/11/24(Mon)11:00:21 edit
無題
こ、紅葉が美しすぎる!
まだ今年は紅葉を見てないので、ここで堪能させていただきます(笑)。
flickers 2008/11/24(Mon)12:40:12 edit
よかったぁ~。
よくぞご無事で・・・それにしても見事な紅葉ですね♪ 夕食もおいしそうで良かった良かった(^^)v
あーや 2008/11/24(Mon)14:44:18 edit
しゅうるりさん☆
日出処天子。。。懐かしー!!(笑)
なんと、その全巻が、万葉文化館の売店とか飛鳥の駅のお土産売り場に売ってて、思わず笑っちゃったの(#^m^#)
帰ったらブックオフで探してまた読み返したくなりましたよ☆

んーとね、二人とも一応もとヤマヤなんで(笑)
でも、もうイケマセンネ〜・・・・
最近行ったことないからぐだぐだでしたもん。反省しきりです。
ちー 2008/11/24(Mon)19:49:51 edit
るる♪さん☆
はい、ステキでしたよ〜♪
京都の艶やかな紅葉とはまた少し違って、穏やかな感じで・・・
ほんと、無事でよかったです。
確認を怠ってはいかんな、とつくづく思いましたデス(汗)
ちー 2008/11/24(Mon)19:52:07 edit
スー・さん☆
だ、大丈夫?
捻挫って軽く見られるけど、実はけっこうツライのよねえ。お大事になさってくださいよ?
かく言う私だって、最終日はさすがに足の裏が痛くなりましたからねえ(笑)

紅葉楽しんでいただけてヨカッタヨカッタ。
実は私もでかける前によそ様のブログをあちこち見させていただいて紅葉状況を調べてたりします。
ほんと、ブログって便利ですよね!(笑)
ちー 2008/11/24(Mon)19:55:34 edit
flickersちゃん☆
もしかして、またしても缶詰生活ですかい?
お疲れさまです〜。。。。(><;)

少し外へ出て気分転換もいいかもですよ。
桜・・・はもう終わりかけだけど、イチョウもいい色になってるよ☆
ちー 2008/11/24(Mon)19:57:31 edit
あーやさん☆
ありがとうございます〜♪
大変でしたが、とても楽しかったです。
迷ったのがわかって、延々長い車道を下るときにも「わー、また忘れられない想い出ができちゃったねええ!!」と、無意味にハイテンションになってましたが(笑)
夕飯がさらにおいしく感じられてよかったのかもしれません(笑)
ちー 2008/11/24(Mon)20:00:45 edit
明けましておめでとうございます。
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.