忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [316
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



年がら年中「働きマン」なウチのダンナ、最近またしても家へ帰って来ない日々が続いてまつ。。。(ーー;)
時間がないと、コンビニで買った菓子パンで済ます習性があるので、たまに私のバイト帰りに呼び出し、強制的に飯を食わせる作戦を敢行。

今回は、私が中華街イチうまいと思うココナツカスタードパイを売っている、市場通りの「翠香園」へ。

いつも、売店でお菓子かネギたっぷりの肉まんを買うばかりで、実はレストランは入ったことがないのだった。

まず頼んだのが「海老のウエハー紙巻き揚げ」。
私が知ってるのは、ウエハー紙で巻いて揚げるタイプだけど、これはさらにパン粉をつけて揚げてあるのね〜。エビがぷりぷりでつ♪



たまーに食べたくなる「鶏肉とカシューナッツの炒め」。
たっぷりカシューナッツと、細いタケノコの食感がいいな。
ビールがすすむって感じ(笑)



五目スープには、イカ、エビ、鶏肉、野菜がいろいろ入ってて、店の器でいただくなら、4人くらいでちょうどいい感じかなあ。
これでハラいっぱいになっちゃうよ(笑)
ふたりで中華街で食べるとき、いっつも思うんだけど、ほんと小ポーションのメニューが欲しいよなあ。
そしたらもっといろんな種類食べられるのにさ。



なので、ご飯ものも五目炒飯ひとつで充分(^^;)
ふと、ダンナが「芝海老づくしだなあ」とつぶやいた。
たしかにどれも芝海老が(笑)
肉より海鮮、車エビより芝海老という、安上がりな私がチョイスすると、こうなるワケさ☆



どのお料理も、あまり濃い味ではなかったので良かったんだけど、やっぱり最後のほうで私の身体が「化学調味料イヤイヤ病」を発症しはじめ、アタマが痛くなり胃がぎゅい〜んん・・・・と重苦しくなり、手の先が痺れ始めた・・・・。
あああまたかよ・・・と、水をガブ飲みしつつ、しばらくジッとやり過ごす(T~T)

化学調味料の入った料理がまったくダメなわけではなく、たぶん、ある一定量を越えるとこの症状が出るみたい。
だいたい、スープを多めに飲んだりするとなることが多いんだけど、お茶や水をたくさん飲んで、トイレに行くと自然に治まる。
中華街だけじゃなく、喫茶店のパスタでもなったことがあるから、私のこの症状を、ウチのダンナは、食べに行った先の「化学調味料使用量計測器」がわりに思っている節があるんだよね・・・ひどくね?(ーー;)


本来なら外食しないほうがいいんだろうけどねえ、こんな便利なんだか不便なんだかわからない体質。
まあしかし私の身体の防衛・排泄機能(?)と、ポジティブに考えることにして、料理の残りは全部ダンナに片付けてもらい、杏仁豆腐を食らうのだった。・・・・私の方がひどいか(笑)

値段は、思ったよりちょっと高いかなと思ったけど・・・このときは年配の女性ばかりの店員さんの中に、ひとり歳若い中国人の男の子がいて(バイトさん?)そのコが絶えずお茶やらお水やらついでくれ、とっても感じが良かった♪


そしてまたダンナはひとり事務所へ戻って行くのであった・・・・☆
・・・・ガンバレ☆
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
先生、しつも~ん!
海老の紙包み揚げって、良く目にするし、何度か食べたこともあるのですが、「紙」って・・・・紙なんですか??食用の紙?ライスペーパー?小麦??マスターはご存知ですか??
ほんま URL 2008/09/20(Sat)23:24:28 edit
ほんまさん☆
えーとね、漢字では「威化紙」と書くんですが、お米の粉で作るそうなので、ライスペーパーの一種だと思います。形も同じくらいの円形だし。
ただ、一枚一枚が、す〜ごく薄いんですよ!
半透明なオブラードみたいな感じになってて、そこに海老のあんをクルクルッと包んで、包んだものは揚げるまで片栗粉にまぶして置くんです。
たぶん、包んだら、ウエハー紙が具の水分でヨワヨワになっちゃうからかと・・・・
なので、ここんちのは、片栗のかわりにパン粉をつけてるのかもしれないです。推測ですけど。
ほんまさんがよく行かれてる耀盛號にも、売ってると思いますよ!
コレ?!って、たぶんびっくりしちゃうと思います。
だって家庭じゃ使い切れないくらいの束で売ってるから(笑)
ちー 2008/09/21(Sun)00:40:33 edit
無題
ほんま君、良い質問をしてくれました。
お菓子の世界でも「パスティス」っていう奴だっけかな?うす~い紙みたいなのを重ねてそこに煮たリンゴだのを詰めて焼きあげるお菓子があるのですよ。アラブ世界から流れてきた素材らしいのだけれど、その昔シルクロードによって東西文明が交わったその時の恩恵でしょうね。
食べ物ってお勉強になるねぇ。
にっき URL 2008/09/21(Sun)09:46:09 edit
無題
どれもおいしそうだけれど、化学調味料かぁ…。
中華街ではダシから何からすべて自前で作っていると、思わせてほしいっ!(笑)

それと、やっぱり中華料理は大勢でわいわい頂くのがいいですね~♪
flickers 2008/09/21(Sun)11:32:22 edit
なるほどぉ
以前からちーちゃんの舌は神の舌!と思っていたのですが身体が化調をきちんと拒否しちゃうのね。なんてセンシティブなんでしょう。

そういえば紙という言い方をしますね。にっきせんせいが書いていらっしゃるパスティス、どこかで聞いたことが…とあれこれ見ていたら所蔵のレシピ本にありました。あと、パートフィロってありますよね。あれもかなり薄いなぁ。でも春巻きにしても巻揚げにしてもああいう食感っていいなぁと思います。口内炎の時はとっても辛いですが。(笑)
シュール・リー URL 2008/09/21(Sun)14:43:34 edit
にっきさん☆
パスティス・・・・私もどっかで聞いたことある〜!と、思ったら、あのパリパリの極薄センベイ(マダムのおっしゃってるパータフィロ?)の乗っかってるケーキですよね!
にっきせんせいのパスティス、一回食べてみたいものだ・・・

うん確かに、せんせいのおっしゃる通り、お菓子も料理も、特に粉ものはシルクロードで世界がつながってますよね♪
中国の水餃子に似たチベットの「モモ」、さらにインドに行くと、芋入りで油で揚げて「サモサ」とか。
考えるとすっっごく楽しい!
ちー 2008/09/23(Tue)21:11:25 edit
flickersちゃん☆
ふふふ。
確かにあまり表立って言って欲しくはない事実だけど、外食には、よっぽど明記してない限りは中華街に限らずつきものですわよ☆

でも、さすがに中華のお出汁(上湯)はそれぞれちゃんと取ってるんじゃないかなあ。
薄味好きな私には、基本それと塩だけでも充分美味しいと思うんだけどねー☆

ちー 2008/09/23(Tue)21:16:53 edit
シュール・リーさん☆
いやいや、そんなにカッチョいいもんじゃございませんよ(ーー;)
むしろこんなに中途半端に症状が出るくらいなら、いっそ最初のひとくちから出るか、全然出ないでいただきたいです・・・(T^T)

パートフィロの乗っかったケーキは、見た目地味だけどあの食感がいいですよね!
私も、サクサクぱりぱり大好きデス!
ちなみに、同じ理由で手巻き寿司も好きです(笑)
ちー 2008/09/23(Tue)21:30:24 edit
明けましておめでとうございます。
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.