忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[604]  [603]  [602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [592
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



毎年大晦日の真夜中は、ダンナと鎌倉八幡宮にお参りに行くのが恒例になっていた。
でもたまには、と、2年前は相棒カヲさんと総持寺にお参りしに行き、そして昨年は喪中だったため、初詣無しという寂しい正月だった。
今年は、イワツバメ邸のさみぃさんが紅白を観においでと誘って下さったのを真に受けて遠慮なく押しかけた、とんでもない図々しい奴です(笑)



さみぃさん宅には、すでにいい感じにできあがっているダンナ様と、優しい雰囲気の妹さんご夫婦がいらして、かなり遅れていった私のためにお料理を取っておいてくださったの♪
さみぃさんが崖の上のぱーりぃにも持って来て下さった私の大好きなポテトのミルク煮、有元さんレシピにヒントを得たというヒヨコ豆のたらこ和え、ダンナ様特製の豚肉とたまごの紅茶煮、レンコンの炒め煮、蕪の酢漬けも、どれも美味しくて、箸が止まらない(笑)

それから、クジラ肉のハリハリ鍋。
水菜を山ほど入れて、お出汁で食べると知ってはいたけど食べるのは初めてだ。
スライスしたクジラ肉、鍋の中で火が通ったら、柚胡椒をつけていただく。
むかーし給食で食べたクジラの立田揚げは、もっとコロンコロンで固めで味がしっかり付いてた気がするけど、こうしてアッサリ味で食べるのも上品でいいな〜。
さみぃさんは「これは一回食べればもういいって感じだね」とおっしゃってたけれど、美味しかったですよ!これ食べたら一気に身体があったまったよ。



昨年作れなかったので、今回はちゃんと作りたかったおせち。
でも結局年末バタバタだったため、半分市販品になっちゃったけど、小さいお重に詰めて、さみぃさん宅にお裾分けで持って行ったよ。

一の重は、黒豆&チョロギ、きんとん、田作り、数の子、金柑の甘煮。
二の重は、柿入りの紅白なます、富山の昆布かまぼこ、ハム、エビの鬼殻焼。
三の重は、煮しめ(蓮根、里芋、手綱こんにゃく、ごぼう、梅型人参、絹さや、椎茸)
作ったのは、田作りと金柑の甘煮、柿入りの紅白なます、煮しめ。
数の子は・・・塩抜きして出汁に漬けただけだから作ったと言えるのか・・・しかも塩抜き足らずでしょっぱかったわ!さみぃさんゴメンね。



ごちそうをいただき、やいのやいの言いながら紅白を観るシアワセ。
これぞ正しい大晦日の過ごし方って気がする(笑)
そのうち、妹さんご夫婦はお帰りになり、午後3時から飲んでいらしたというダンナ様はいつの間にか席を立ってらして、さみぃさんと二人で「ゆく年くる年」を観た。

さんぱちさんも書いていたけれど、紅白のにぎやかな場面から一転して、しーんとした寺の風景が映って、静かなアナウンサーの声に変わる瞬間がたまらなく好き。
それが雪景色だったりして、お参りに行くひとたちのキュッキュという雪を踏む足音が、滅多に雪の降らない横浜で育った子供の頃の私には新鮮に映ったんだと思う。
新年=ゆく年くる年の雪景色。みたいな図式が私の中で出来上がっている。
それプラス、窓の外に聞こえる除夜の鐘ならぬ、除夜の汽笛だ。
横浜の大晦日の名物、12時になると一斉に鳴る港の船の汽笛を聞くために、急いで窓を開け「ボーッ、ボーッッ!」という、地味ではあるが低く腹の下に響くような音を聞いて新年を実感する。



そんな正しい大晦日の過ごし方をしていたら、働きもののさみぃさん、何やら台所でぱたぱたと準備し始めた。なんと、これからケークサレを作ってくださるという!
酔っぱらった私とおしゃべりしながらも、ささっと準備してオーブンへ。素早い!
そしてオーブンの中でふっくらと膨らんだケークサレに、ふたりして歓声をあげる。



禁断の真夜中のお菓子。でもいいの、大晦日だもん!
お砂糖無しでバター無し、ブルーチーズの塩気とイチジクの甘さが絶妙なオトナのオヤツ。
すでにオナカいっぱいなのにこういうものはスルッと入ってしまう別腹の恐ろしさよ♪

このあと着ていた着物を脱いで、さみぃさんに無理矢理着せて、着物普及活動。
そう、久しぶりに着物を着ていったんだけど、写真見たら帯結びが悲惨だった(^^;)
ま、表じゃコート着てたからいっか(笑)

そんなこんなで夜中の2時をとうに過ぎ、ダンナと待ち合わせて鎌倉へ!
その話はまた次に。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
OH!
 新年をちーさんと迎えられる幸福よ。
ちょっと、歌に詠んでみました。
香川照之の気持ちでしょうか。
やっぱり、ちーさんのブログだと出版社でこんなに違う!ってタレントさんが写真集出す気持ちと似てるかしら。
鯨鍋、翌日食べたらうまかったです。
次回は竜田揚げですね。
さみぃ 2010/01/05(Tue)18:34:13 edit
ご馳走様でした
先日は初めてお会いしたというのに、美味しいお節を私達までご馳走になり、ありがとうございました!
写真が素晴らしくて、あの時の、あの家にあった皿料理?や鍋?と思ってしまいました。
今年も姉がお世話になると思いますが、飽きるまで
遊んであげてください
          さみい妹 象のHANAKO

HANAKO 2010/01/06(Wed)00:30:32 edit
さみぃさん☆
あはは、なんすかそのたとえは(笑)
その節はほんと長々とおじゃましました!
さみぃさん、ほんとは眠かったんじゃないかと、ちょっと反省してます。
くじら美味しかったですよ!
翌日はさらに味が染みておいしいのかしら。
ごちそうさまでした♪
ちー 2010/01/06(Wed)14:15:28 edit
HANAKOさん☆
わお、コメントありがとうございます!
こちらこそ、水入らずでお過ごしのところをおジャマしましてすみません!!(汗)
お姉様とはもちろんですが、HANAKOさんとも、今度またゆっくりお話できるといいですね〜♪
今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆
ちー 2010/01/06(Wed)14:19:41 edit
明けましておめでとうございます。
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.