忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



中華と言っても中華街ではなく、井土ケ谷にある「岳陽楼」という広東料理のお店。
以前私がいた会社関連の方々との忘年会で、6時に現地集合だったので、それまでちょっとお散歩しちゃえ〜と、桜木町から大岡川沿いを久しぶりに歩いて行ったのね。
昔に比べると、大岡川沿いはほんとキレイに整備されたねえ。
ほんまさんとこで紹介されてたライトアップもある日だったんだけど、夕方だったのでまだなーんにも付いてなかった・・・残念。

井土ケ谷に着いてもまだだいぶ時間があったので、そのお店を通り過ぎ、コドモの頃に住んでいたあたりを歩いてみようと思いついた。
その頃は、交差点の交番のとこに大きな工場があって、コンクリートの壁沿いを歩いて行くと市場があり、そこから少し歩いたところのアパートに、いつまでも経っても山形弁まるだしの母と、小さいちーは、ふたりで住んでいたのでした☆・・・ってホントの昔話だ(笑)

大きな工場は、いつの間にか巨大なマンションになっていて、その壁はなくなっていたけれど、市場はまだ残っていたよ!コドモの頃は大きなお店だと思っていたけれど、こんな小さな八百屋さんと魚屋さんだったのか〜。
でも、近くにあった駄菓子屋さんはマンションになっちゃってたなあ。



その住んでいたアパートは、建て直したようで、すごくキレイになっていたけどもアパートとしてちゃんと残っていた。なつかしいなあ。
それから、いつも小学校に通っていた道を通って大通りへ抜け、小学校の横の小道を入って裏へ回り、京浜急行の線路の下を通って駅裏へ。友達の家へ遊びに通った道だ。
こういう道って、風景が変わってても、何年経っていても、忘れないもんなんだなあ、と我ながらちょっと感心したりして。
いろいろ変わってはいたけれど、こうして懐かしいと思える場所があるってことだけでも、しあわせなことなのかもしれない。



さて、久しぶりに会った方々は、それぞれ元気そうでひと安心。
みんなで生ビールで乾杯した後、近況報告。

前菜は、中華風マグロのお刺身と、鴨の冷製・・だったかなあ、美味しかった!
それから牛タンの煮込みのスライス、カクテルグラスのは白身魚の煮こごり。
ビールがすすむわ〜♪

美味しそうなエビ〜!「天使エビ」っていうんですってよ!
天使食べちゃってバチは当たらないのだろうか・・・と、思いつつもひとつ。
しかしながら、私、実は甲殻アレルギー気味でして、生のエビを食べると口の中がイガイガしてくるんすよ〜大好きなのに・・・(T^T)
なので、イガイガを覚悟の上でいただきました!甘くて美味しかったです。
イガイガも本望です!←バカ。
でも、さすがに2匹めは自粛し、ダンナにあげたのだった。しぶしぶ。



スープは、豚肉とキヌガサダケのブツ切りがたっぷり入ってた。
炒めものは、たっぷりの帆立に、なんとリンゴのスライス!
それがまた不思議に合ってて面白い。
ローラ・インガルス・ワイルダーの「農場の少年」に出てきた、ジャガイモとリンゴの炒めたものっていうのを反射的に思い出した。あれも読む度に、おいしいのかなあ??って思ってたけど、今度試しに作ってみようかな?



ちょっとピリ辛な、この炒めものは、お肉の代わりにマグロを使ってるんだって。
マグロの筋があるあたりを使うと、逆にそれが歯ごたえがあって肉っぽいのだとか。



土鍋でどーんと出てきたのは、牛肉を沙茶醤で煮込んだもの。
味も少し濃いめで、もうだいぶお腹がいっぱいだったので、だんだんツラクなってきたんだけど・・・シメのご飯は食べたい。
って・・・納豆ご飯・・・????
な〜んてシツレイなことを思ってしまったのだけれど、なんと、ウニのあんかけチャーハンなのだった!!お腹いっぱいとか言いつつ、しっかり食べたよ(笑)

地元のヒトよりも、わざわざ遠くから来るお客様が多いというのも、こういう研究熱心なオーナーさんが、珍しいというか面白いメニューを食べさせてくれるからなんだろうね。
というわけで、飲みながらも、いろいろ勉強になった忘年会なのだった。

しかし、まだまだ続く忘年会ネタ。プー太郎のくせにな。
PR


私の今年の忘年会、ダンナとが第一弾かと思ったけど、実は第二弾だった!
12日の夜、CAFE HANZを貸し切りにして行われた「ハナ*オト的感謝祭」。
ハナ*オトさんと、そのお仲間との忘年会というかパーティに、CDジャケットを作成した繋がりで、急遽参加というかおジャマさせていただいたのをアップし損ねてたの。



HANZのママお手製のお料理が、どれも美味しかった〜♪
手前から、茄子の揚げ煮に、煮たまごと煮豚、ジャガイモのグラタン・・・大好物!

  


  


ソーセージにカボチャのサラダ、シメに出て来た帆立ご飯と糠漬けがまた・・・♪
こんなふうに、お料理とお酒の準備をお願いして貸し切りとして使わせてもらえるってのも、面白いよね。CAFE HANZ、大変使い勝手のよいカフェだと思います!



美味しいものをいただきながら、「レバサシ」さんという女性3名のバンドや、ハナ*オトさんの生演奏を。残念ながら、ハナ*オトのkimuchiさんが風邪を引かれてしまったとのことで、新曲「白いワンピース」の生声は聞けなかったけれど、インストゥルメンタルもしみじみと良かったです♪
てか、演奏中、壁にプロジェクターでデカデカと私の絵を使ったジャケットを映し、作成者としてみなさんに紹介していただいたりして、かなり面映かったが・・・しかもネットショップ用に少し持って行った消しはんと絵はがきが、その場でみんな買って下さったりして嬉しい悲鳴(笑)いやはや、ありがたいことですのう〜☆(><;)



そしてトリは「ユーカリ亭こあら」さんの落語。
以前CAFE HANZで落語会もされたことがあるとのことで、静かな優しい口調なのに、いつの間にかみんな引き込まれて笑ってたよ(#^^#)
このお方は、なんとkimuchiさんの学校の恩師だそう。卒業すると先生と生徒ってだいたい離れてしまうのに、こういうつながりがあるっていいなあと思った。



もちろんシメは、マスターの美味しいコーヒーで。贅沢ですな〜☆
くじ引きで、お茶と干支タオルのセットが当たったり、みなさんと楽しくお話して頂いてるうちに、気がついたらあっという間に4時間が過ぎていてビックリ。
もうバスないかもな、気持ちいいから歩いて帰ろ!って思ってたら、ちょうど終バスが。

ううむ、なんとも最後までラッキーな一日だったわ〜!





もう先週のことだけど、ダンナと横浜駅のヨドバシに行き(というより大蔵大臣として呼び出され)、帰りに食事することにした。
思えばこれが、クリスマスディナーだったのか?いや、それとも忘年会か・・・?
向った場所は、西口のイタリアン「YOURS」。

忘年会シーズンだからか、やっぱり街全体が賑わってる感じだったし、お店も混んでて入れないかもね〜、なんて恐る恐る入ったら、やっぱり混んでた!けど、カウンター席になんとか座らせてもらう。賑わってるお店って活気があっていいね〜♪
前回はボックス席だったけれど、カウンターの席も面白い。目の前で、若くて元気なお兄さんやお姉さんたちがキビキビと立ち働いているのが、見ていて気持ちいい。



今回はジビエメニューがおすすめですよ、ということだったので、せっかくなのでそのシリーズを頂くことにしてみた。
最初の画像は、山ウズラとフンギセッキのラグー、カサレッチェ。
ちょいピリカラなラグーが、ネジネジのショートパスタに絡んでてビールに合う♪
右上の画像は、エゾ鹿とルッコラ、グリュイエルチーズのカルパッチョ。
あんまり食べた経験がないから、ジビエっていうとなんだかケモノ臭いんでしょ、っていうイメージだったんだけど。食べてみたら全然そんなことなかった。
むしろ、ちょっと拍子抜けするくらいアッサリとしてて食べやすかったよ。



山鳩の炭火焼きも、香ばしくて美味しい。
香港で食べた鳩と比べると、色とりどりの野菜に囲まれて、なんとオシャレな(笑)
香港のはね〜、なんていうか、ほんと「丸焼きっっ!」って感じで・・・
味はともかく、ビジュアルがね・・・(^^;)
これはグリルしたお野菜が甘くて美味しかったな〜♪



ジビエに合うよう、それまで赤ワインを飲んでたのだけれど、シメにポルチーニ茸のスパゲッティを注文したら、ダンナが「こっちもシメにギネス頼んでいい?」と、遠慮がちに言う。
大蔵大臣は私でも、稼いでるのはダンナだもんねえ、それくらいどうぞどうぞ(笑)
まあ1本数千円のワインを、とか言われたら間違いなく首を横に振るけどね!



自分だけ追加して申し訳ないと思ってしまうダンナ。
「デザートは要らないの?」と必ず聞いてくれる。
なので、私もついついエスプレッソとチョコレートのプリンを追加してしまう。
いつもココで止めとけばいいのはわかっちゃいるんだけどね〜(^^;)
でも食べたことないものを見ると、食べずにはいられないの。
それが食いしん坊のサガなの。
濃厚さも苦みも程よくバランスが取れたオトナのプリン。
おいしゅうございました♪

ダンナ、ごちそうさま!
来年もいっぱい美味しいもの食べに行こうね!



11月に、所用あって日吉へ行ったと書いたけど、実は「調理師試験」を受けてきたのです。
先日、おかげさまで合格通知が来まして、これで晴れて調理師に!
・・・と思ったら、まだこれから「あなたは麻薬中毒者でもないし、精神病でもないよ」という診断書をもらいに行ったり、それと申込金を持って保健所に行って、調理師免状の申請しなければならないのだそうだ。ううむ、めんどい。

ともあれ、ジリジリと、まるで毛虫のような速度ではあるけれど、なんとか目標に向かってはいる。と、とりあえず信じていたい・・・。

カフェをやるからには、いくら自分がお茶派といえど、コーヒーをおいしく淹れなければならないでしょ〜よ、と思い、あちこち飲みに行っては味に慣れ、コーヒー好きの友人たちが「これは美味しい」というコーヒーを飲んでみては「なるほど、こういう味が好きなのか〜」という、これまた地味な覚え方をしてきたワタクシ。
やっとコーヒーが美味しいと思えるようになって、自分でも淹れるようになったけど、どうもなかなか美味しく淹れられず。

そんなとき、CAFE HANZのコーヒー教室に行ったら、目からウロコなことがいっぱいで。
最近ようやく、コーヒー中毒のダンナからも「美味しい!」と言ってもらえるように(T▽T)



CAFE HANZに行くといつも、美味しいコーヒーをいただきつつ、マスターとママから、コーヒー豆や産地、はたまたお店を開くまでのお話などなど、いろいろ教えて頂けるのが楽しい。
豆を買うのもあるけど、最近始めた、ママの作るボリュームたっぷりなランチも美味しくて、結局週イチで通ってるから、今のところランチ皆勤賞(笑)

画像の黄色いシチューは、かぼちゃとチキンのクリームシチュー。
寒いときのシチューってほんとに嬉しいんだよな〜。
付け合わせの、インゲンとツナのサラダもおいしゅうございました(#^^#)



これは12月第一週目の、初のごはんもの、ハヤシライス。
牛スネ肉とろとろで、うみゃ〜♪
この日は、さらにデザートまで付けてくれた!(トップ画像の洋梨のコンポート)
来週は「タラとじゃがいものブイヤベース風」だって。楽しみ〜!



先日ここで、消しゴムはんこのワークショップを開催させて頂いたときに、消しゴムはんこと、消しゴムはんこを使った絵も、飾らせてもらっていた。
そしたらなんともありがたいことに、私の消しゴムはんこを気に入ってくださったとのことで、いろいろな方からご注文をいただいてしまった。嬉しい反面、ほんとに私のでいーのか?と、申し訳ないような気持ちになったり・・・。しかしその中継ぎを、いつも快く引き受けてくださっているマスターとママに、感謝感謝です。



来年3月7日(日)には、我らがにっきせんせいも、CAFE HANZをお借りして「キッチン山田」のケーキ試食会を行うとのこと。

私も、来年1月16日(土)に、また消しゴムはんこのワークショップをやらせていただく予定。来年も引き続きお世話になります!よろしくお願いします!
・・・・ってまだ早いか・・・(^^;)



行ってみたかった横浜橋の「酔来軒」に、やっと行くことができた。
これも「横浜本」に出ていた店で、400円の酔来丼というのがすごくおいしそうで、しかもレトロな店内に興味津々だったところ。
そしたらさみぃさんもおすすめだというので、誰かと行けるチャンスを待っていた。
ひとりで行ってもいいんだけど、ひとりで行くと「酔来丼」でおなかがいっぱいになってしまって他のものが食べられないからね〜(笑)

そのチャンスはすぐにやってきた。
当のさみぃさんから、シネマ・ジャック&ベティでたった1回きりの「横濱を旅する・・・昭和のはじめ」という、今から75年前の横浜を映したフィルムの上映会に誘われ、ご近所のマダムと一緒に観に行くことになったのだ。



むむ、シネマジャックなら横浜橋も近いぞ・・・。
お昼から30分ほどの短いフィルムだったので、そのあとお昼でも・・・ときたら、当然「酔来軒」に行きたい!!となったわけでした。

買い物をしながら横浜橋を通り抜け、浦舟町の通りに出て、左側に曲がってすぐにこの鮮やかな看板が!近所に住んでいたこともあったのに、一度も入ったことがなかったのが不思議。そういえば当時は中華料理自体、あんまり食べなかったなあ、何を食べてたんだろ?



時刻はちょうどお昼時。
当然店内は満席で、ほんの少しだけ待ったけれど、ほどなくして小さめの4人席が空いたのでとりあえず座らせてもらう。
肉体労働系のお兄さんたちや、近所のおばさま、学校帰りの中学生たちが、それぞれリラックスして食べているところがたまらなくツボだ。
ワタクシ、自分ももちろん食べるのが好きなのだけれど、おいしそうに食べているひとの様子を見るのも大好きなのであります♪

さみぃさんのダンナ様もいらしたので(と、イイワケに使ってごめんなさい)昼からビール飲みました!だってだって、ネギチャーシュウとか、揚げワンタンとか、鶏足とか、トマト入り肉団子とか、味も濃いめだし、ビールに合うものばっかりなんだもん!
テーブル席から、お座敷席に移動させてくれたので、完全にリラックスモード。

古い店内を眺めながら、先ほどの映画の話をしつつ料理を待つ。
このお店も創業70年だそうだから、この建物はあの頃の横浜をよく知っているんだろうなあ。お店の前の通りには、市電も通っていたよね。



野菜も食べようと「もやし炒め」と「ニラ炒め」どちらにしようか迷って「ニラ炒め」にしたら、もやしもキッチリ入っていた。きっともやし多めなのが「もやし炒め」なのよ、などとみなで勝手に想像して笑う。



そしてこちらが、目的だった「酔来丼」!
チャーシュウに目玉焼き、メンマと、私の好きなものが乗っかってるよお♪
これで400円というのもお得だと思うけど、これに200円足すと、ミニラーメンかワンタンが付くとのこと。十分だわね☆

フツーなら、このまま端から食べ進んでしまうところなんだけど、さみぃさん曰く「よーっく混ぜて食べるのが正しい」とのこと。ほほう、ビビンパみたいだね!
ご近所のマダムがその様子を載せてたので、ぜひそちらもご覧下さいまし☆
混ぜて食べると、「豪華版たまごかけご飯」て感じで、美味しかったよ!


明けましておめでとうございます。
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.