忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



イブは、ひとり家でひきこもり、当日は野毛で忘年会という、およそクリスマスとは縁のない日々を送ったわけですが、ひとつだけ、クリスマスらしいものをオーダーしてあったのよ!わーい、キッチン山田、山さんのシュトーレンだあ!



包みを開けると、可愛いクリスマスカードと粉砂糖で真っ白にお化粧したシュトーレン。
おおっ、デカイ!存在感たっぷりのそのお姿は、まるで雪の積もった大きな岩のよう。
ちょっと切ってしまうのがもったいない感じだったけど、薄くスライスして二切れづつラップに包む。食べたいときに、すぐ食べられるようにね。



気分だけでもクリスマスをと、サンタ人形とクリスマスにダンナと飲もうと思っていたワインも一緒にパチリ。さすがにひとりで飲むのはためらわれたので、ワインは冷蔵庫に戻し、シュトーレンだけつまみ食い〜☆スパイスがいい香りなんだもん。
ナッツもレーズンも入って、香ばしくて美味しかったあ♪

せっかくなので、その日忘年会で会うみんなにもおすそわけし、残りは毎日ちびちびと私が食べ、ダンナにはクリスマスも終わった日曜の朝ごはんがわりに食べさせ終了。
昭和なニンゲンとしては、クリスマスのこってりバタークリームケーキとか、けっこう好きなんだけど、たいてい食べきれなくて困るんだな。今は生クリームか。
なのでこういう焼き菓子はいろいろ融通がきいていいなあと改めて実感した次第。
来年も山さんのシュトーレンで決まりだな!

・・・って、鬼が笑う?



PR


2009年忘年会第4弾は相棒カヲさんと!
カヲさんは腰を痛めているので、最近のおデートは短時間で昼間限定なのよ。
そういうわけで、みんなとの忘年会に出席できないとのことで、ふたり忘年会ランチをすることになりやした。
場所は、以前からカヲさんが行きたいと言っていたローマステーション
昔からある店だというのに、実は私も入ったのは今回が初めてだったりしてf(^^;)



忘年会だからしてビールも飲みます!昼間だけど〜♪
おつまみに、ブルスケッタの盛り合わせ。
ひとつはボロネーズソース、もうひとつはサーモン(というより鮭って感じ)の合えたものが乗っている。初めて来たのに、このなんだか懐かしい味はなんだろう。

それから海の幸のスパゲッティ。
麺の茹で加減がアルデンテより少し柔らかくて、私好み。
そっか、それでわかった。懐かしい理由が。
今の「イタリアン」とは少し違う、昔ながらの味だからなんだよきっと。



アンチョビのピザは、生地がパリパリで美味しかったな〜。
この店は、4人くらいで来たほうがいろいろ食べられて楽しめるかもね。
ふたりだと、これくらいが限度だよ。
しかも、日に日にコッテリ系が苦手になってきてる年寄りだし(笑)

そういえば、友人は昔から家族でよくここを利用していたと言っていた。
不思議なことに、その彼女、同じ日の夕方にこの店に来ていたそうだ。
すごいニアミス!

気がつかないところで、知ってるひとたちや、知らないけどこれから知り合うはずのひとたちと、編み目のようにすれ違っているんだろうなあ。
そう考えると、なんだかすごく面白いね。



なぜか押し詰まってくると、やらなきゃいけないことはいっぱいあるのに、不測の事態がよく起こりますね。結局、バタバタしてるうちに今年もあと二日、いまだ掃除も半端、年賀状もまだ途中というダメダメっぷりです。
ブログアップしてる場合か!って感じですが、年始に忘年会ネタは書きたくないしね・・・・って、完全に現実逃避かも(笑)



中華と言っても中華街ではなく、井土ケ谷にある「岳陽楼」という広東料理のお店。
以前私がいた会社関連の方々との忘年会で、6時に現地集合だったので、それまでちょっとお散歩しちゃえ〜と、桜木町から大岡川沿いを久しぶりに歩いて行ったのね。
昔に比べると、大岡川沿いはほんとキレイに整備されたねえ。
ほんまさんとこで紹介されてたライトアップもある日だったんだけど、夕方だったのでまだなーんにも付いてなかった・・・残念。

井土ケ谷に着いてもまだだいぶ時間があったので、そのお店を通り過ぎ、コドモの頃に住んでいたあたりを歩いてみようと思いついた。
その頃は、交差点の交番のとこに大きな工場があって、コンクリートの壁沿いを歩いて行くと市場があり、そこから少し歩いたところのアパートに、いつまでも経っても山形弁まるだしの母と、小さいちーは、ふたりで住んでいたのでした☆・・・ってホントの昔話だ(笑)

大きな工場は、いつの間にか巨大なマンションになっていて、その壁はなくなっていたけれど、市場はまだ残っていたよ!コドモの頃は大きなお店だと思っていたけれど、こんな小さな八百屋さんと魚屋さんだったのか〜。
でも、近くにあった駄菓子屋さんはマンションになっちゃってたなあ。



その住んでいたアパートは、建て直したようで、すごくキレイになっていたけどもアパートとしてちゃんと残っていた。なつかしいなあ。
それから、いつも小学校に通っていた道を通って大通りへ抜け、小学校の横の小道を入って裏へ回り、京浜急行の線路の下を通って駅裏へ。友達の家へ遊びに通った道だ。
こういう道って、風景が変わってても、何年経っていても、忘れないもんなんだなあ、と我ながらちょっと感心したりして。
いろいろ変わってはいたけれど、こうして懐かしいと思える場所があるってことだけでも、しあわせなことなのかもしれない。



さて、久しぶりに会った方々は、それぞれ元気そうでひと安心。
みんなで生ビールで乾杯した後、近況報告。

前菜は、中華風マグロのお刺身と、鴨の冷製・・だったかなあ、美味しかった!
それから牛タンの煮込みのスライス、カクテルグラスのは白身魚の煮こごり。
ビールがすすむわ〜♪

美味しそうなエビ〜!「天使エビ」っていうんですってよ!
天使食べちゃってバチは当たらないのだろうか・・・と、思いつつもひとつ。
しかしながら、私、実は甲殻アレルギー気味でして、生のエビを食べると口の中がイガイガしてくるんすよ〜大好きなのに・・・(T^T)
なので、イガイガを覚悟の上でいただきました!甘くて美味しかったです。
イガイガも本望です!←バカ。
でも、さすがに2匹めは自粛し、ダンナにあげたのだった。しぶしぶ。



スープは、豚肉とキヌガサダケのブツ切りがたっぷり入ってた。
炒めものは、たっぷりの帆立に、なんとリンゴのスライス!
それがまた不思議に合ってて面白い。
ローラ・インガルス・ワイルダーの「農場の少年」に出てきた、ジャガイモとリンゴの炒めたものっていうのを反射的に思い出した。あれも読む度に、おいしいのかなあ??って思ってたけど、今度試しに作ってみようかな?



ちょっとピリ辛な、この炒めものは、お肉の代わりにマグロを使ってるんだって。
マグロの筋があるあたりを使うと、逆にそれが歯ごたえがあって肉っぽいのだとか。



土鍋でどーんと出てきたのは、牛肉を沙茶醤で煮込んだもの。
味も少し濃いめで、もうだいぶお腹がいっぱいだったので、だんだんツラクなってきたんだけど・・・シメのご飯は食べたい。
って・・・納豆ご飯・・・????
な〜んてシツレイなことを思ってしまったのだけれど、なんと、ウニのあんかけチャーハンなのだった!!お腹いっぱいとか言いつつ、しっかり食べたよ(笑)

地元のヒトよりも、わざわざ遠くから来るお客様が多いというのも、こういう研究熱心なオーナーさんが、珍しいというか面白いメニューを食べさせてくれるからなんだろうね。
というわけで、飲みながらも、いろいろ勉強になった忘年会なのだった。

しかし、まだまだ続く忘年会ネタ。プー太郎のくせにな。


私の今年の忘年会、ダンナとが第一弾かと思ったけど、実は第二弾だった!
12日の夜、CAFE HANZを貸し切りにして行われた「ハナ*オト的感謝祭」。
ハナ*オトさんと、そのお仲間との忘年会というかパーティに、CDジャケットを作成した繋がりで、急遽参加というかおジャマさせていただいたのをアップし損ねてたの。



HANZのママお手製のお料理が、どれも美味しかった〜♪
手前から、茄子の揚げ煮に、煮たまごと煮豚、ジャガイモのグラタン・・・大好物!

  


  


ソーセージにカボチャのサラダ、シメに出て来た帆立ご飯と糠漬けがまた・・・♪
こんなふうに、お料理とお酒の準備をお願いして貸し切りとして使わせてもらえるってのも、面白いよね。CAFE HANZ、大変使い勝手のよいカフェだと思います!



美味しいものをいただきながら、「レバサシ」さんという女性3名のバンドや、ハナ*オトさんの生演奏を。残念ながら、ハナ*オトのkimuchiさんが風邪を引かれてしまったとのことで、新曲「白いワンピース」の生声は聞けなかったけれど、インストゥルメンタルもしみじみと良かったです♪
てか、演奏中、壁にプロジェクターでデカデカと私の絵を使ったジャケットを映し、作成者としてみなさんに紹介していただいたりして、かなり面映かったが・・・しかもネットショップ用に少し持って行った消しはんと絵はがきが、その場でみんな買って下さったりして嬉しい悲鳴(笑)いやはや、ありがたいことですのう〜☆(><;)



そしてトリは「ユーカリ亭こあら」さんの落語。
以前CAFE HANZで落語会もされたことがあるとのことで、静かな優しい口調なのに、いつの間にかみんな引き込まれて笑ってたよ(#^^#)
このお方は、なんとkimuchiさんの学校の恩師だそう。卒業すると先生と生徒ってだいたい離れてしまうのに、こういうつながりがあるっていいなあと思った。



もちろんシメは、マスターの美味しいコーヒーで。贅沢ですな〜☆
くじ引きで、お茶と干支タオルのセットが当たったり、みなさんと楽しくお話して頂いてるうちに、気がついたらあっという間に4時間が過ぎていてビックリ。
もうバスないかもな、気持ちいいから歩いて帰ろ!って思ってたら、ちょうど終バスが。

ううむ、なんとも最後までラッキーな一日だったわ〜!





もう先週のことだけど、ダンナと横浜駅のヨドバシに行き(というより大蔵大臣として呼び出され)、帰りに食事することにした。
思えばこれが、クリスマスディナーだったのか?いや、それとも忘年会か・・・?
向った場所は、西口のイタリアン「YOURS」。

忘年会シーズンだからか、やっぱり街全体が賑わってる感じだったし、お店も混んでて入れないかもね〜、なんて恐る恐る入ったら、やっぱり混んでた!けど、カウンター席になんとか座らせてもらう。賑わってるお店って活気があっていいね〜♪
前回はボックス席だったけれど、カウンターの席も面白い。目の前で、若くて元気なお兄さんやお姉さんたちがキビキビと立ち働いているのが、見ていて気持ちいい。



今回はジビエメニューがおすすめですよ、ということだったので、せっかくなのでそのシリーズを頂くことにしてみた。
最初の画像は、山ウズラとフンギセッキのラグー、カサレッチェ。
ちょいピリカラなラグーが、ネジネジのショートパスタに絡んでてビールに合う♪
右上の画像は、エゾ鹿とルッコラ、グリュイエルチーズのカルパッチョ。
あんまり食べた経験がないから、ジビエっていうとなんだかケモノ臭いんでしょ、っていうイメージだったんだけど。食べてみたら全然そんなことなかった。
むしろ、ちょっと拍子抜けするくらいアッサリとしてて食べやすかったよ。



山鳩の炭火焼きも、香ばしくて美味しい。
香港で食べた鳩と比べると、色とりどりの野菜に囲まれて、なんとオシャレな(笑)
香港のはね〜、なんていうか、ほんと「丸焼きっっ!」って感じで・・・
味はともかく、ビジュアルがね・・・(^^;)
これはグリルしたお野菜が甘くて美味しかったな〜♪



ジビエに合うよう、それまで赤ワインを飲んでたのだけれど、シメにポルチーニ茸のスパゲッティを注文したら、ダンナが「こっちもシメにギネス頼んでいい?」と、遠慮がちに言う。
大蔵大臣は私でも、稼いでるのはダンナだもんねえ、それくらいどうぞどうぞ(笑)
まあ1本数千円のワインを、とか言われたら間違いなく首を横に振るけどね!



自分だけ追加して申し訳ないと思ってしまうダンナ。
「デザートは要らないの?」と必ず聞いてくれる。
なので、私もついついエスプレッソとチョコレートのプリンを追加してしまう。
いつもココで止めとけばいいのはわかっちゃいるんだけどね〜(^^;)
でも食べたことないものを見ると、食べずにはいられないの。
それが食いしん坊のサガなの。
濃厚さも苦みも程よくバランスが取れたオトナのプリン。
おいしゅうございました♪

ダンナ、ごちそうさま!
来年もいっぱい美味しいもの食べに行こうね!
明けましておめでとうございます。
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.