忍者ブログ
美味しいものと手作りと、その他もろもろ。
[7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



鎌倉に住んでいた頃から始まった、元旦の鎌倉八幡宮への初詣。
しかし毎年ダンナは、まず中華街のカウントダウンを見に行き、お獅子たちの写真を撮り、年度の切り替えの仕事をしに事務所に戻る。
一度それに付き合ったこともあるが、お獅子の写真を撮るのに夢中になってどっか行っちゃって、カウントダウンはむなしく群衆のなかでひとりぼっち(まあすぐにあわてて戻ってはきたけど)ということがあってから、もう絶対付き合わね!と寒い中コブシをぷるぷる震えさせたのだった(笑)

そんなわけで、今年はさみぃさんのお宅でまったりと年越しさせていただいた後、午前3時に石川町でダンナと待ち合わせし、JRの終夜運転の電車で鎌倉に向った。



驚いたのは、なんだかすんごく若い人が多かったっていうこと。
駅でも若宮大路でも八幡宮でも、周りを見ると、若いカップルやグループばっかり!
2年前まではけっこう老若男女集まってた気がするけどなあ。
この時間帯だけかしら?いや、毎年このくらいの時間に来てるじゃん。

しかも今年は着物着てるひとをまったく見かけなかった・・・。さみしい。
私の頭、お団子に見えるのはカヲさんが編んでくれたポンポン付きの帽子です。
不思議な格好でしょうが、これかぶらないと頭が寒くてね〜(笑)
八幡宮にお参りするときにはちゃんと取ります。



並ぶこともなく、無事に八幡宮へのお参りを終えてひと安心。
おみくじを引いて(末吉♪)お神酒をいただいて、干支の土鈴を買って、任務終了だ。

次は、ダンナが「これを食べないと新年が始まらない」と、一番楽しみにしているおでんやさんへ。源氏が池のほとりに並んだ屋台のひとつなんだけど、いつの間にかお参りに来たら必ずここでおでんを食べるのが決まりになっちゃった。
それは私たちだけじゃなくて「おじさん、今年もきたよ」なんていうひとが次々来るので、年に一度の常連さんがいっぱいいるんだろう。



おでん鍋の周りに10数席しかない屋台は、あっという間に満席になり、おじさん、お客さんの注文の間もタネの継ぎ足しやら飲み物の追加やらとっても忙しい。

ひとカップで6個1000円のおでんは、自分の好きなタネを選べることになっている。
ダンナは「大根、たまご、ちくわぶ、こんぶ、こんにゃく、すじ」
私は「大根、じゃがいも、ちくわぶ、こんぶ、こんにゃく、はんぺん」
おでんに関しては、かなり気の合うふたりである。



おなかもいっぱいになってきたので、そろそろ退却。
少し源氏が池のほとりを散歩してみた。
そういえば、今日は満月だね!と、月を見ると、まんまるに輝いている。

なんとか撮れるかしら。と、源氏山の上に上る満月を撮影してみた。
肝心の月がボケてますが・・・↑よかったらクリックして拡大してご覧下さいまし。

しかしこの時間、実は部分月食で少し欠けていたんだそうな。
元旦に満月っていうのも30年に一度しかないのに、さらに月食。
なんだかすごいレアなものをいきなり見てしまった2010年。
うん、きっといい一年になる気がするぞ!


PR


毎年大晦日の真夜中は、ダンナと鎌倉八幡宮にお参りに行くのが恒例になっていた。
でもたまには、と、2年前は相棒カヲさんと総持寺にお参りしに行き、そして昨年は喪中だったため、初詣無しという寂しい正月だった。
今年は、イワツバメ邸のさみぃさんが紅白を観においでと誘って下さったのを真に受けて遠慮なく押しかけた、とんでもない図々しい奴です(笑)



さみぃさん宅には、すでにいい感じにできあがっているダンナ様と、優しい雰囲気の妹さんご夫婦がいらして、かなり遅れていった私のためにお料理を取っておいてくださったの♪
さみぃさんが崖の上のぱーりぃにも持って来て下さった私の大好きなポテトのミルク煮、有元さんレシピにヒントを得たというヒヨコ豆のたらこ和え、ダンナ様特製の豚肉とたまごの紅茶煮、レンコンの炒め煮、蕪の酢漬けも、どれも美味しくて、箸が止まらない(笑)

それから、クジラ肉のハリハリ鍋。
水菜を山ほど入れて、お出汁で食べると知ってはいたけど食べるのは初めてだ。
スライスしたクジラ肉、鍋の中で火が通ったら、柚胡椒をつけていただく。
むかーし給食で食べたクジラの立田揚げは、もっとコロンコロンで固めで味がしっかり付いてた気がするけど、こうしてアッサリ味で食べるのも上品でいいな〜。
さみぃさんは「これは一回食べればもういいって感じだね」とおっしゃってたけれど、美味しかったですよ!これ食べたら一気に身体があったまったよ。



昨年作れなかったので、今回はちゃんと作りたかったおせち。
でも結局年末バタバタだったため、半分市販品になっちゃったけど、小さいお重に詰めて、さみぃさん宅にお裾分けで持って行ったよ。

一の重は、黒豆&チョロギ、きんとん、田作り、数の子、金柑の甘煮。
二の重は、柿入りの紅白なます、富山の昆布かまぼこ、ハム、エビの鬼殻焼。
三の重は、煮しめ(蓮根、里芋、手綱こんにゃく、ごぼう、梅型人参、絹さや、椎茸)
作ったのは、田作りと金柑の甘煮、柿入りの紅白なます、煮しめ。
数の子は・・・塩抜きして出汁に漬けただけだから作ったと言えるのか・・・しかも塩抜き足らずでしょっぱかったわ!さみぃさんゴメンね。



ごちそうをいただき、やいのやいの言いながら紅白を観るシアワセ。
これぞ正しい大晦日の過ごし方って気がする(笑)
そのうち、妹さんご夫婦はお帰りになり、午後3時から飲んでいらしたというダンナ様はいつの間にか席を立ってらして、さみぃさんと二人で「ゆく年くる年」を観た。

さんぱちさんも書いていたけれど、紅白のにぎやかな場面から一転して、しーんとした寺の風景が映って、静かなアナウンサーの声に変わる瞬間がたまらなく好き。
それが雪景色だったりして、お参りに行くひとたちのキュッキュという雪を踏む足音が、滅多に雪の降らない横浜で育った子供の頃の私には新鮮に映ったんだと思う。
新年=ゆく年くる年の雪景色。みたいな図式が私の中で出来上がっている。
それプラス、窓の外に聞こえる除夜の鐘ならぬ、除夜の汽笛だ。
横浜の大晦日の名物、12時になると一斉に鳴る港の船の汽笛を聞くために、急いで窓を開け「ボーッ、ボーッッ!」という、地味ではあるが低く腹の下に響くような音を聞いて新年を実感する。



そんな正しい大晦日の過ごし方をしていたら、働きもののさみぃさん、何やら台所でぱたぱたと準備し始めた。なんと、これからケークサレを作ってくださるという!
酔っぱらった私とおしゃべりしながらも、ささっと準備してオーブンへ。素早い!
そしてオーブンの中でふっくらと膨らんだケークサレに、ふたりして歓声をあげる。



禁断の真夜中のお菓子。でもいいの、大晦日だもん!
お砂糖無しでバター無し、ブルーチーズの塩気とイチジクの甘さが絶妙なオトナのオヤツ。
すでにオナカいっぱいなのにこういうものはスルッと入ってしまう別腹の恐ろしさよ♪

このあと着ていた着物を脱いで、さみぃさんに無理矢理着せて、着物普及活動。
そう、久しぶりに着物を着ていったんだけど、写真見たら帯結びが悲惨だった(^^;)
ま、表じゃコート着てたからいっか(笑)

そんなこんなで夜中の2時をとうに過ぎ、ダンナと待ち合わせて鎌倉へ!
その話はまた次に。



2010年になっちゃいましたね〜!
みなさまはどんな元旦をお過ごしでしたか?

私は、ひとりぼっちで引きこもりだった昨年とは打って変わり、
今年は、よそのお宅へ乱入して紅白を見たあと、終夜営業の電車に乗って、
2年ぶりにダンナと鎌倉八幡宮へお参りしてきました。

自宅へ帰ったのは朝7時。
体内時間が崩れまくりです。
そういえば、こんなことをして毎年風邪引いてたんだっけ・・・と思い出しました。

いかんいかん。
今年は、規則正しい生活と、いつも笑顔を忘れないこと。
このふたつを実行できるように、ワタクシ頑張りたいと思います。

ではではみなさま。
今年も、どうぞよろしくお願い申し上げます!



さみぃさんから「年末に第九を聞きに行きませんか?」と誘われたのが数ヶ月前。
滅多に生のオーケストラなぞ聞きに行ったことがないので、喜んでご一緒させていただくことにしたのだけれど、集まったメンバーは、シュール・リーさんさんぱちさん、そしてさみぃさんで、これはもう終わった後は忘年会しかないね!と、決めるともなしに自然に決まっていたわけで。
宴会場所は一任されていたので、今年の中華食べ納めをしようと菜香新館を予約!

今回は、さんぱちさんから「とぅるんとぅるんの腸粉が食べたい」というリクエスト以外おまかせで、と言われていたので、あとは私の好みと、マダムのためにも香港ぽい料理を中心にしたコースにして下さいとお願いしておいたのだけど、出て来たメニューを見てビックリした。メニューの漢字が・・・読めなくて(笑)
中華街の料理屋で働いていた私ですが、広東語だと内容の想像すらつかないんだわf(^^;)



なので、説明は日本語で(^^;)
えーと冒頭の画像は、焼き鶏肉。名古屋コーチンだそうです!
香港人の焼き担当の方が焼いてくれたそうで、皮パリッパリの、肉ジューシー!
鶏肉好きな私からすると、焼鴨より好きかもよ〜!
通常メニューにもあるといいのに!と思ったくらい美味しかった。

そして次は、蟹の香港風オリーブ炒め。
こっれがまた美味しかった!!
大きめの蟹をバッツンバッツンとカットしたものを、香港の黒オリーブで炒めたそうなんだけど、たっぷりの蟹ミソがめちゃうま!!
蟹類はめんどくさいから食べるのにあまり積極的にならない私がガジガジといつまでもかじりついてしまったくらい。ちなみにこれ、通常メニューだと殻付きのエビです。

それにしても「蟹食べながらこんなにベチャクチャしゃべるのは私たちくらいよね!」というほど、かなり盛り上がってた私たち。この時点で、いつの間にかビールではなくて、カメ出し紹興酒に移行していたので余計にね(笑)

 


そして豆苗の炒めものに乗ってるゼリー状のは、なんと、スッポンのエンガワだって!
それも乾物を戻したものかと思ったら、生のスッポンのだそうで、プルッ、サクッと不思議な食感で、コラーゲンたっぷりですよ〜♪とのこと。
「どうしよう!明日はお肌がつるつるになっちゃうわね!」と、キラキラおめめでエンガワをぱくつく中年女子連。中には「どうしよう!明日○○○(外国人女優の名前・名前忘れた)になっちゃってたら!?」というファンタジーなマダムもおりました。
いや、いくつになっても美に対する意欲を捨てない女子はステキだと思いますですよ。

そして登場、とぅるんとぅるんの腸粉エビ入り。私的には菜香での鉄板メニュー。
マダムは「実はチャーシュー入りの方が好き」とカミングアウトしたら、全員から「えー!?私はエビがいい!」と、ダメ出しされてしゅんとしてました(笑)

 


そして私リクエストの季節の例湯。
今回のは豚肉ベースに、黄耆(オウギ)や、党参(トウジン)、棗(ナツメ)とか、漢方にも使われる身体にいい材料を一緒に入れて蒸してじっくり煮込んだスープ。
例湯を飲むと、いつもじんわり芯から暖まるので、冷え性女子にはピッタリなのだ。
それから、一夜干しスルメの湯引き。
これは味はとてもよかったんだけど、身がちと固かったのが残念なり。



そしてこれも私と、それからマダムのリクエスト、臘味飯(ラップメイファン)!
なんせ期間限定品。思えばこれを食べるためだけに、マダムと来たことがあったっけなあ。
土鍋の蓋を開けると、ふわ〜ん!と、ご飯と肉の脂独特のい〜い香りが!
お店の方に、よおっく混ぜ混ぜしてもらい、はふはふと熱いのを頂きました。
シアワセ・・・・♪
計り売りもするそうなので、正月に買いに行こうかな。



満腹でもデザートは入る。
「なめらか杏仁豆腐」と、ポーレイチャを飲んでまったり。
お茶を注いでくれたマダムに、テーブルを指でトトトトン!とやったら「なつかしーい!」と、喜ばれて自己満足な私(笑)



そしてまたしても!!
合格祝いよ、おめでとう!!と、お花をいただいちゃいました!!
さすがに二日連続でサプライズ花束は・・・ありがたくて思わず泣きました。
それにしても・・・このカードの空白はなんでしょうか。
なんというか、あの怒濤のおしゃべり具合と比べるとあまりにも控えめな・・・。

そんなこんなで、忘年会はすべて終了。
よかったー!年内アップできて。
大掃除はとりあえず水回りと玄関のみ頑張りました。
部屋は・・・あきらめた。
年賀状は・・元旦に書こうかな、もう(笑)

というわけで、まだまだまだ、書きたいネタはいろいろあったんだけど。
今年はこのくらいにしておくことにします。

みなさま、本当にいつも読んで下さってありがとうございました。
来年も楽しい気分を皆さまにお裾分けできるよう、楽しい毎日を過ごしたいと思います。
大晦日から元旦にかけて、かなり寒くなるそうなので、くれぐれも暖かくしてお身体に気をつけて、よいお年をお迎えくださいませね!

ではではまた!(#^▽^#)/



クリスマス当日は、ラブラブカポーが山ほど生息しているであろうみなとみらい地区の反対側、野毛へ。
私をのぞいて、残業だったり多忙なみんなが集まれるのがこの日しかなく。
だいたいこの日は、コジャレた店はどこもクリスマス特別メニューとかを打ち出してくるので、あえてその辺りは避け、イワシ料理の「村田屋」さんでほぼ即決!
以前も忘年会で使わせていただいたことがあり、とても美味しかったしね。



5人で予約したけれど、ひとりは都合が悪くなり、ふたりは遅れて来るとのことで、とりあえず私ともうひとりの友人とで乾杯。
まずはビールで乾杯したんだけど、イワシの刺身にクジラの立田揚げ、おからなんていうお酒にあうものばっかりなもんだから、2杯めからは日本酒を熱燗で!
日本酒なんて飲むの、すっごい久しぶりだなあ〜♪
でもやっぱり刺身と日本酒ってほんっとピッタリだよね!

刺身を食べ終わった頃、ふたりが登場。すでにちょっといい気持ちになっていた我々に、呆れつつ?必死に飲んで追いついてもらう(笑)
追加で、イワシ刺身とクジラのロースト?(もう酔ってたから何か忘れちゃった)チーズがはさんであったりしてうまし♪野菜の天ぷらとかもサックサクで美味しかったなあ!
なんせこの日は何故かデジカメを忘れたもんで、とりあえず携帯で撮ったものの、なんかやる気ない画像だねえ〜酔う前からすでに(^^;)
でもいいの。今年もいろいろあったねえっていう話や、来年の展望の話など、忘年会らしい話で盛り上がってたからね!



何かあったかい鍋物が食べたくて、悩んだすえに寄せ鍋を二人前注文。
蓋を開けてみたらこんなにゴージャス!!
タラに赤魚に牡蠣に蟹までも!?下には野菜もたんまり入ってたよ。
もうかなりお腹いっぱいだったのに、雑炊用にご飯を頼んでしまうのは日本人の悲しいサガ・・・案の定、ちょっぴり残してしまった。あうう。
やはり万事控えめにしないとな、と、私的には年末最後の反省事項デシタ☆(><;)



あーすっかり飲み過ぎたかしら、と、ほっぺたが熱くなって、トイレから帰ったらいきなりの花束贈呈!!なんと合格祝いにみんなが事前に用意して隠しておいたんだって!
ビックリやら嬉しいやらで、すっかり酔いが醒めたよ〜(笑)シアワセもんじゃのう♪

場所を変えてコーヒーでも、と村田屋さんを出て、駅の方へ向うもやっぱりクリスマス、どこも満席で(ファミレスさえも!)結局また野毛に戻って、隠れ家のような店で美味しいコーヒーにありついた。都橋商店街の真ん前の、喫茶みなと。
横浜本に出ていて行ってみたかった店で、あの本に出ていなければ、絶対足を踏み入れなかったと思う。感じのよいお姉さんがニコニコと迎えてくれて、お酒を飲むひともいれば、私たちみたいにコーヒーを飲むひともいて。
古い店内がかえって居心地が良かった・・・っていうのは年だからかしら。

今年は他の方のブログや「横浜本」などで、新しいお店をたくさん知ることができて本当に充実してたなあ。
来年もまた、たくさんの出会いがありますように!!

・・・でも忘年会の話はまだあるの(笑)


明けましておめでとうございます。
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今年はどんな年になるかな。
HN:
ちー
HP:
性別:
女性
自己紹介:
日ノ出町「よんふくcafe」のヘタレ店主。
いつもありがとうございます!
リンク
y:c
鍵コメはこちらへどうぞ♪
こちらへのコメントは、ブログ上で公開されませんのでお気軽にどうぞ! お返事する場合はメールさせていただきますので気長にお待ち下さいませ。ただし、広告・宣伝・勧誘、その他、私がハテナ?と思ったコメントに関しては返信しないこともございます。どうぞご了承下さい。
フリーエリア
ブログ内検索
携帯からも♪
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
sozai:Fine Template:hanamaru.